吉一工房

修復・補修事例一覧

 

img_02 分かりやすい状態でしたのでHP用に分かりやすく修復してみました
 spacer
 img_03  通常は、このような手順では作業しません。左のザラザラした部分のみを修復してみました
 spacer
 img_04  マスキング部分にキズがありましたが、近くで見ても分らなくなりました

line

jirei_01 がま磯、黒、赤、金線の部分にまたがるキズ
spacer
jirei_02 うまく修復完了。まぁ~まぁ~の出来!!難しかったぁ~

line

jirei_03 オプション2・3 

がま磯、グレ競技Ⅱ ゴールドのラインを入れて、グリップ部分に滑り止め加工をしてみました。

spacer
jirei_04 お客さまからオリジナリティをだして下さい。との要望によりゴールドのラインを入れ、その部分にうっすらラメを入れてみました。

意外とカッコイイ!!です。

line

jirei_05 オプション4 

金メッキ部分が剥がれている状態

spacer
jirei_06 元竿部分のメッキも同じような状態を修復しました。
spacer
jirei_07 上はがま磯オリジナル。下が修復したものです。

*この塗料は当店のオリジナルです。

linespacer

CIMG0915 がま磯、アテンダー、1-50!!オークションで購入された品物との事です!!クリアー部分のはく離が酷いですが、簡単な作業と思い、お引き受けしたものの・・・・・
spacer
CIMG0912 実物を見てビックリ!!おそらく、ご自身でウレタン塗料の上に、アクリル塗装をされたのでしょう。そのアクリル塗装部分が、バリバリ、ポロポロはく離してました。これは、思っていったより、かなり重症です。
spacer
IMGP0429 思いもよらず、大仕事になり、少し時間はかかりましたが、キレイに修復できました。

line

 

130907_1823 同じ、アテンダーです!!元竿部分は、お任せします!!との事でしたので、色々やってみました。グリップ部分はオリジナルでは、プラスチックでしたので、滑り止め加工し、尻栓部分は、パール粉にて、フィニッシュしました。
spacer
130907_1820 グリップ部分の少し上部に、クリアーの中に気泡がたくさん入っており、取れなかったので、ラメでごまかしてみました。
spacer
130907_1821 リールシート下も、ゴールドのラインを入れ、ゴールドのラメを少し、入れてみました。これにて、修復は完成とします。ここまで、約2ヶ月!!

後は、コーティング作業に移ります。

 

 

 

 

  

工房概要

吉一工房
担当:吉田
090-9486-1031
長崎県大村市

アクセスカウンター

  • 14今日の閲覧数:
  • 65074総訪問者数:
  • 22一日あたりの訪問者数: